車査定 無料

車内のニオイ

 

車内のニオイの対処法について。
車内のニオイは、一度つくとなかなか消えないですよね。
特に、煙草を吸われる方は、いつまでもニオイが残ってしまいます。
また、長年乗っている車は、いろんなニオイが混ざってしまうもの。
ニオイを消すために、芳香剤を取りつけている車も少なくないと思います。

 

 

しかし、注意してほしいのが、ニオイにニオイで対処しないことです。
できれば、脱臭剤や消臭剤など、
ニオイのないものでニオイを消すほうが安心ですね。
また、換気や定期的な掃除も大事。
喫煙者は、なるべく車内で吸わないよう心掛けるのも、
ニオイを沁みつけないポイントです。

 

 

 

オススメの車内のニオイ消し方法は、
◎重層でシートなどを洗う
◎天日干しする
◎洗浄する
◎エアコンのエバポレーターを洗う
◎エアコンフィルターを交換する

 

 

などが挙げられます。
重層は、座席やフロアマットなどにまき、
しばらく放置して雑巾や掃除機で取り除きます。
ただし、一部の革は重層に合わない場合があるので、
シートの素材は確認しておきましょう。

 

 

他にも、内窓の掃除や、ダッシュボードを拭くなど、
こまめに掃除をすることで、ニオイ防止に繋がります。

 

タイタン(日産)

タイタン(日産)とは

 

タイタン(日産)とは、2003年から販売されている、
海外向けのフルサイズピックアップトラックです。
生産は北米にて。F-Alphaプラットフォームを利用し、
ラインナップにアルマーダ(TA600型)も存在します。

 

 

2003年1月に、北米国際オートショーにて発表されてから、
11ヶ月後の12月に本格的に販売されました。
2007年にはシカゴオートショーにて2008年モデルを出展し、
内外装を変更。車種も、ロングホイールベース版とPRO-4Xモデルが追加されています。
タイタンの人気は、主にピックアップトラックが人気のテキサス州を含んだ
アメリカ南部の中央部の州になります。
その売り上げは、約25%近くだといわれています。

 

 

 

タイタンの魅力は、なんといっても室内の広さです。
そして、牽引能力・キングキャブ車の観音開きドアなど、
革新的な装備が設定されており、これらもまた高く評価されています。
2003年に登場し、今も尚根強い人気があるのも、このためでしょう。

 

 

また、2004年には北米トラックオブザイヤーを受賞。そ
の人気は留まることを知りません。
ただ、その反面でライバルと比較し、
V型6気筒エンジン搭載車やシングルキャブ仕様がないなど批判されることもあります。

 

 

 

タイタンという車名の由来は、ギリシャ神話の“巨人族・神タイタン”から。
この由来を受けて、車にも「大きさ」や「力強さ」をイメージしているのが特徴です。

廃車をしたい!でもローンが残っている場合は?

 

廃車をする時の状況は人それぞれ。
ほとんどの方は、ボロボロになってしまった車や、
修理で高額になってしまった場合などに、廃車を選びます。
しかし、廃車する車がすべて、
ローンを支払い済みとは限りません。
なかには、ローンが残っている車もあります。
この場合、ローンはどうなってしまうのでしょうか?

 

 

結論から言いますと、
ローンが残った状態の廃車はできません。
ですので、廃車希望の方は、ローンを完済するまで待つか、
一括返済してしまうかのどちらかしか選択がありません。

 

 

また、ローンを組んでいる車は、所有権が異なります。
ローン完済だけでなく、
所有権をも解除する必要があります。
もちろん、名義が廃車をする本人であれば、
所有権の介助は不要になります。

 

 

 

今すぐ廃車をしたい気持ちも分かりますが、
廃車は簡単ではありません。
ましてや、ローンが残っている車は
完済または一括返済が求められます。
それをきちんと理解し、廃車手続きを行いましょう。

 

 

 

ちなみに、ローン残債を他のローンへ組み換えてから、
一括清算させる方法もあります。
少々面倒なので、自分がやりやすい方法でローンを完済しましょう。

 

横浜 車売却 おすすめ